胡蝶蘭のネット通販を選ぶ時の大事なポイントとは?

通販のフラワーギフトを使うとき、選ぶ基準としては栽培農家から直で発送してくる、産地(どこでとれたのかによって、意外と味が違ったりするものです)直送を採用している販売店が一番です。

何故、産地(どこでとれたのかによって、意外と味が違ったりするものです)直送が良いかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、花の鮮度がとても良いことと、流通ルートが少なくなることでコストが削減され、値段が安くなることが挙げられます。
こちょう蘭の通販も同じで、生産者から直接届く、産地(どこでとれたのかによって、意外と味が違ったりするものです)直送が一番のお奨めになります。

取引先などの周年記念にも、お祝いにこちょう蘭を贈るケースが多いですが、最低限のマナーくらいは、知識として覚えておかないとダメでしょう。

立とえば、赤一色のラッピングは「火」から家事を連想指せるため、好ましくありません。

また、立札を付けるのを忘れないようにしましょう。多くの花が贈られるので、何処から贈られたのか分かりやすいようにしておきます。気になる胡蝶蘭の値段ですが、 相手のシーンや、相手方との人間関係によって違ってきます。気軽なプレゼントであれば数千円の安いものでも良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭がよいでしょう。

どっちにしても、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、商品によっては50%OFFになったりします。通販では中間流通を省いたお店が人気で、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。スマホ端末の進化に伴い、フラワーギフトの通販サイトも、最近ではスマホから簡単に注文できます。しかも、キメ細かい対応をしてくれるので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。

お届けにについてもそうで、国内スピード配達や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。フラワーギフトも便利になったものです。

お祝いの花に胡蝶蘭が選ばれるには所以があります。

例をあげると、蝶が舞い降りたような美しさ、そしてまた、日もちの良さや香りの少なさも理由に挙げられます。

普通の花束は、直ぐにしおれてしまい日もちしませんし、こういった理由からも、1ヶ月から2か月も日もちする胡蝶蘭が人気なのです。

お祝いに贈る花としては、こちょう蘭を選べんでおけば無難だと言えるでしょう。フラワーギフトは素敵ですが、贈る人のシーンに合った花言葉を持つ花を贈ることで、フラワーを贈られた人の感激も一層深まるというものです。

一例をあげると、胡蝶蘭はお祝い事でよく利用されますが、コチョウラン共通の花言葉、純粋な愛などのほか、色彩ごとに個別の花言葉を持っています。
例としてコチョウランを出しましたが、フラワーギフトに花言葉を添えるだけで、心のこもった贈り物になることは間違いありません。胡蝶蘭を送る際は、大切なものの一つにラッピングがあります。例をあげると、赤いラッピングはゴージャス印書言うを与え、緑のラッピングは爽やかなイメージがあります。人気のある花ギフトの通販店においては、ほとんどが、無料のラッピングサービスを行っています。
胡蝶蘭にそえる立札なども、通常セット内に含む通信販売ショップが多くなってきています。育て方にもコツのある胡蝶蘭ですが、寒さが不得意なのは、知っておいた方が良いですね。

原産地(どこでとれたのかによって、意外と味が違ったりするものです)は熱帯地域ですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。

人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。

水をあげるのは環境によって1週間~10日に1回程度で、鉢の根元の表面が乾燥してきたらコップ一杯くらい与えます。

こちょう蘭にはイロイロな種類がありますが、 分類すれば、咲かせる花の大きさ別の違いあります。開業祝いや結婚式で一番目にするのが、花の大きさが一番ビッグな大倫というです。逆に、プライベートなお祝いや誕生日など、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶蘭があります。

選ぶ基準ですが、相手先の場面や関係性で似つかわしいものが決まります。貰った胡蝶ランの育て方に関してですが、そんなに難しいことはありません。お水は毎日上げなくても問題ありませんし、鉢に植え替える方法も難しくないです。しかしながら、寒さには強くないので、人が快適だと感じる程度の温度を保ってあげましょう。
後それから、空調の吹き出し口なども良くないので、置き場所は選んであげましょう。病院に入院している知人の見舞いとして、 心を温かくしてあげる意味で、お花を贈るのは良いのですが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。

胡蝶蘭をお見舞いで持参したい時は、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。

このマナーさえ分かっていれば、見た目も美しく、フラワー粉も香りも少ない胡蝶蘭は、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。

開店祝いや開業祝で贈る花と言えば胡蝶蘭ですが、会社同士でないなら、10000円~30000円が相場です。昨今、通販ショップを使って花を贈る人口も増加し、胡蝶蘭専門店も、ネット通販への対応が進化しています。

もともと、海外から来た花ですが、日本に渡ってきたのは明治時代だそうです。
まるで蝶々の様な美しい花ビラを持つところから、付けられた名前が胡蝶蘭だと言いますが、綺麗さだけでなく花言葉(幸運を運んでくる)も喜ばれる要因なんです。花ギフトで胡蝶蘭を贈るというのは、開業など人生の門出だけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。「純粋な愛」を花言葉に持つ胡蝶蘭って、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。胡蝶蘭が広まるきっかけは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、高貴で美しいフラワーを咲かせる様子が、より美しい新種を求めることになり、こちょう蘭の原種発見につながるわけです。

あわせて読むとおすすめ⇒胡蝶蘭の通販 【人気おすすめ店ランキング】